マニフェスト制度とは

>

産業廃棄物の廃棄の手順

処分をする場合

産業廃棄物を処理するためのマニフェストは伝票として7枚つづりになっています。排出事業者が最初に必要事項を記入し、収集運搬事業者に渡します。それに収集運搬事業者としての必要事項を記入して、排出事業者の責任者の名前や日付などが漏れていないかを確認して1枚排出事業者に渡します。収集運搬事業者は運搬が終了した時点で運搬終了日を記入して、管理票を処分業者に渡します。
処分業者は必要事項を記入の上、2枚を運搬事業者に渡します。運搬事業者は仕事を行った証として1枚を排出事業者に渡します。処分業者は処理終了後に運搬事業者に1枚、排出事業者にも1枚渡します。それがそろって初めて排出事業者は産廃の処理が終わったことを確認することができるのです。

処分の内容

産廃には埋め立て処理と海洋への投入処分と、そして再生も処分として行うことができます。埋め立てをするには当然許可された場所でしかだめですね。
いつかもニュースで産廃の不法投棄なんてことも出ていました。安請け合いしたはいいが埋め立て場所に困って勝手に未許可の土地で放棄したのでしょう。
そういったことを防いだり、仮に不正をされてもすぐに追跡できるようにするためのマニフェストでもあります。そして海への投入も最終的な処分の方法の一つになります。当然ですが海を汚染しないレベルまできれいにしてからしか投入はできません。それがやれてこそ事業者として認められるのです。最後は再生利用です。今はこれが一番やるべきことでしょう。


この記事をシェアする