マニフェスト制度とは

>

廃棄物を処理する手順と仕組み、その責任

廃棄の方法

産業廃棄物はまずは排出事業者が責任をもって処理をするのが原則ですが、ルールに従って他社にそれを委託することができます。その中の一つが運搬事業者ということになります。排出事業者から処分業者までしっかりと産廃が渡るように仕事をしなければなりません。ここの部分の管理もマニフェストで行います。複写式の管理票をそれぞれの業者がしっかりと保管することで、万一の場合にも原因探求のための遡及ができるようになっているのです。
本来とは別の事業者が運搬するのですから、その部分の管理は当然厳しく行わなければなりません。逆に言えばそうでなければ仕事として成り立ちませんね。そして、運ばれてきた産廃を処分業者がその産廃の種類に合った適切な処理をすることで一連の流れが完結します。処分したこともマニフェストの管理票を使い行われた記録を残しておくことができるようにします。

再利用の方法

では、産廃は再利用できないのでしょうか。確実にゴミとして処理しなければならないのでしょうか。先ほど産廃の中には家庭から出る一般廃棄物と変わらない物もあるといいました。ということは再利用できるものは存在するというわけです。
産廃の再利用専門に、事業を行っている事業者もあるほどなのです。
こういった動きを後押ししているのが実は環境省で、環境省が定めた産業廃棄物広域再生利用指定制度という制度を定めて、産廃を資源として再利用することで地球環境を守っていこうという目標があります。これも実はマニフェストに則った許可事業者が行えるようになっており、再利用できるようにするまでの過程もしっかりと管理されているのです。


この記事をシェアする